足立区見沼代親水公園

今回は休日に良く走る荒川の河川敷以外のコースで見沼代親水公園を走ってみました。 自宅から荒川、荒川放水路を渡り、日暮里-舎人線、通称(舎人ライナー)沿いに終点の 見沼代親水公園駅に向かう。 休日は交通量も人通りも少なく、歩道の幅も広くランニングには好条件の道です。 沿道にはコンビニやラーメン屋などが多くありエネルギーの補給に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩陽だまりハイキング

いわたけ11年11月東京の奥多摩で陽だまりハイキングを楽しんで来ました。 JR中央線快速で立川乗換、青梅で再び奥多摩行に乗り換えて川井駅で下車。 天候に恵まれ、暖かい日差しの降り注ぐ川井駅 青梅線の橋梁をくぐり登山口へと向かう。 途中、村の開催らしきロードレースの会場を通り抜けて、ようやく急こう配の登山口に到着。 40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011手賀沼エコマラソン

11年10月30日(日)晴天の空の下第17回手賀沼エコマラソンが開催されました。 この時期、周期的に変化する天候で曇天の雨模様と報じられていた予報が良い方向に外れて、続々と会場に詰めかける市民ランナーたち。 前日、栃木県藤岡市の藤坂ロックガーデンでロッククライミングの練習をしたため、僅かに臀部の筋肉痛が有りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒川30~50キロ秋大会

足の怪我も完治、猛暑の練習でヘロヘロになった甲斐もあって現在ぜっこうちょうでーすんなわけで青島の練習も兼ねて状態確認してきたよ。 当日は天候に恵まれ気温もさほど高くなく微風とマラソン日和でした。 スタートからいきなりペースメーカに付いて6分ペースは早いかなー!なんて感じたけど、直ぐに慣れてまあ調子の良いこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りの5時間走

 秩父の山中で負傷した足も、ほぼ完治して僅かな傷跡を残すのみとなり今シーズン後半のレースに向けて練習を始めました。 リハビリ後5~6キロのランから始め一週間で15~6キロに無理なく距離を伸ばし膝部分の筋力低下が回復した時点で20キロを2回流し、今回5時間流してみました。 フルマラソンはキロ6分ペースで4時間12分でゴール出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長かった日

 連日の猛暑の中、母の体調が優れないので大学病院で精密検査をしたところ 大腸の一部に癌が発見された。 本来なら直ちに切除手術をするべきだが、高齢で、しかも持病があるため複数の検査が必要になり何度も病院を往復した。 自分も秩父の山中で落石事故に遭い左足を負傷していたが一刻を争う事なので身内の助けも借りながら検査を重ね、診察の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つかの間の夏

7月3日の事故から早一月がたち膝靭帯の損傷は、ずいぶんと良くなりました。 固まりかけた血液も溶血剤を注射して抜き取りました(物凄く痛かった(>_<)) 翌々日地元の飲み会に痛みを堪えて参加。 化膿止めと痛み止めを服用、普段薬など飲んだ事が無いので目まいと気持ち悪さで 椅子に座っているだけでも辛くて、食べたくも無い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

40年ぶりの大怪我

初めての登山が14歳、今から43年前に中学校の友人に連れられて何も解らず東京、奥多摩の御前山と言うところに登ったのが最初だった。 高等学校に上がり、自分で計画を立てて数人のメンバーと東京近郊の山に登った。 社会人になって山の会に入り本格的に活動を始めた。 結婚して子供が生まれ、開業、必死で働き、あっという間に30年が立ち家のロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤の浦川滝ノ沢

高尾発6時42分松本行に乗り7時50分塩山で下車、西沢渓谷行きのバス停から天科バス停で下車、大嶽山那賀都神社を経て滝ノ沢出会いに向かう。 天科バス停から赤い橋を2か所渡り神社に向かう。 那賀都神社本殿への参道脇には小さな旗のようなお札が無数に立てられていた。 大晦日には多くの参拝者がこの参道を通るんだね、でも平日誰もいない夜道思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/6乾徳山

11年6月12日めぐろ山学会・仲間で奥秩父乾徳山に登って来ました。 前夜からの雨も上がり登山口(徳和)はガスに包まれていました。 廃道と化した林道を数か所横断して銀晶水、錦晶水を経て扇平から月見岩方面に向かう。 髭剃岩を越えて上部の岩の間を進む。 頂上直下の天狗岩の登り、初心者は安全の為ザイルを使用する。岩登り犬(ガイヤ)もここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都桧原村

東京の秘境と言えば絶海の孤島、小笠原諸島であるが内地では丹波村、桧原村など自然がいっぱいの地が身近にある。 今回は桧原村の一画に土地を借りてログハウスを建て自然を楽しんでいる連中と一泊二日間楽しんで来ました。 三十数年前からの友人で、都内でよく見かける個人タクシーの組合の気の合う仲間で十数年かけてこつこつと作り上げた(正確には現在進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の舎人公園

震災後、エントリーしておいたレースのすべてが中止になった中、栃木県鹿沼市のさつきマラソンレースが8日に開催された。鹿沼市も福島県からの被災者を受け入れるなど大変な中、多くのランナーが楽しみにしているレースを中止には出来ないと、職員とボランティアの尽力によりこの日を迎えることが出来ました。感謝です 当日は気温がやや高めでしたが晴天微…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那須三本槍岳

GW後半、栃木県那須三本槍岳に登って来ました。 積雪期に時間切れで撤退したので今回は単独で再度アタックです。 前夜東京を午前3時、東北自動車道で現地に向かう。 那須で降りて県道17号線で大丸温泉から北温泉駐車場に車を止め、宿の対岸から取りつく。 東日本大震災の影響で温泉宿に下る道は崩壊していました。マウントジーンズスキー場上部1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷川岳西黒尾根山行

先週の白毛門に続き上越国境谷川岳西黒尾根に登って来ました。 前夜発、関越自動車道を水上インターで降りて天神平ロープウエイ駅に向かう。 車内で仮眠後7時ジャスト尾根に取りつく。雪面が固くキックステップでは少々登りにくいのでアイゼンを着用する。 天候は前回同様快晴微風、絶好の登山日和だ。 送電線の鉄塔を通過して尾根筋がはっきりしてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷川連峰(白毛門)山行

大震災で自粛ムードの漂う中、めぐろ山学会・仲間で谷川連峰(白毛門)に登って来ました。 当初の計画では夜行一泊で縦走の予定でしたが、天候が荒れるとの事で急きょ夜行日帰りでピストンに変更、9日16時関越自動車道で現地に向かう。 水上温泉街を抜け天神平ロープウエイ駅に向かうが温泉街の暗さに異様な雰囲気を感じる。 被災者を思ってレジャーを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前期最後のレース

震災後、各地でイベントの自粛ムードが高まっている中、古千谷走友会前期最初で最後になる栃木県鹿沼市の皐マラソンレースが五月の第二日曜日に開催される。 桜のトンネルと菜の花畑の中を走り抜ける埼玉県幸手市のサクラマラソンは自粛、茨城県土浦市で行われる霞ヶ浦マラソンは被害が大きく中止、山の会では会員の実家が被害を受け、多くの企画山行が中止にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪やなぎ

今年も舎人公園の雪柳が白い花を見せてくれた。大震災と福島原子力発電事故の為、待ち侘びていた埼玉県幸手市のサクラマラソン大会に続き茨城県土浦市の霞ヶ浦マラソン大会事務所から大会中止の連絡が届いた。 前期最後のレースになる栃木県鹿沼市の皐マラソン大会も絶望的であろう。 5月には家族旅行も考えていたが、食事会に変更になり、旅行は取りやめに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足立区舎人公園の春

いつもランニングをしている足立区舎人公園に小さな春がやってきました。数ある木々の中でいち早く目を楽しませてくれるのが、河津桜で、ピンクの花びらがランニングの疲れを癒してくれます。芝の下からは、おお犬のふぐりや春の七草だったっけかな?仏の座など青や紫の小さな花が顔をのぞかせています。 遠くから見ると白爪草のように見えましたが、近くによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県民マラソン大会

3月6日、千葉県木更津市で行われた千葉県民マラソン大会に参加してきました。天候は、一週前の東京マラソンと同じく晴天で気温、湿度ともやや高め。会場は富津市総合体育館で内房線青堀駅から送迎バスで10分程の所で、周辺には何もない、地方の体育館でした。青掘り駅には自宅から2時間半ほどで、京成町屋駅から船橋乗り換え、JRで千葉駅に行き、内房線に乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤坂パピヨン岩峰

11年2月26日、藤坂ロックガーデンにめぐろ山学会・仲間で今年初の岩トレに行って来ました。昨年から雪山とマラソンレースはシーズンなので多く熟してきましたが、岩の方はお留守になっていたので、今一つ感覚の戻らない登攀でした。 最初は、凹角の隣の高さ5~6メートルの所でウオームアップ、凹角は昨年クリアーしたので、当時の記憶から核心部は左側の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more