12年5月南アルプス

2012年5月2日から降り出した雨は次第に強さを増して3日早朝には風雨共に強く本降りになりました。
南アルプススーパー林道山梨県側の芦安~夜叉人峠線は増水の為通行止めになっていると言う情報がある中
信州側は低気圧からの影響も少なく期待が持てるので7時の特急あずさに乗り込んで伊那市へ向かう。
北上するにつれて天候も回復して伊那市では青空が見られ、バスに乗り換えサクラで有名な高遠へ向かう。
画像

登山口の北沢峠は無雪状態
画像

天候曇り微風で登山には快適な条件である。
三合目辺りから雪になり森林限界で完全な雪稜になる。
画像
画像

時折薄日が射すガスの稜線を小仙丈岳に向かう。
画像
小仙丈岳ノピークには立派な標識がありました。
画像
太古の昔この辺りが氷河だった頃の地形であるカールが美しい
画像
ガスの立ち込めた稜線をピークへ向かう
画像
ピークが近付くにつれ傾斜が増してくる。
頂上まで後僅かだ。
画像
3033メートルの頂上はガスの中でした。
20分ほど休憩後下山に掛かる、6時に登りはじめ約5時間で頂上。4時間かけて下山、全行程9時間でした。
画像
翌日は対岸の甲斐駒ケ岳に10時間の行程で登頂しました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック