江東シーサイド ハーフマラソン

マラソンを始めて最初に走ったレースが江東シーサイドハーフマラソンだ。京葉線、新木場駅で下車、多くのランナーの中、不安と楽しさで会場に向かったことが懐かしい。
毎年参加しているが雨に降られたことは一度もない。今回も天候に恵まれ多くのランナーが会場に集まってきた。
画像

いつもの場所で準備をしてスタートに備える。毎回のことだがゼッケンを安全ピンで付けるのがどうも苦手だシャツの背中地まで留めてしまったり、位置が思うところに合わない、最後に必ず一度はピンを指に刺す。何とか作業を終えてコンビニで買ったチョコレイトを口にしながら参加者名簿に目を通す。今回は毎回参加している仲間のMさんが膝の故障のため不参加なので古千谷走友会からは私一人だ。いつもルート図は見ない。毎回微妙にルートがアレンジされているようで、走ってからのお楽しみにしてあるのだ。スタート時間が迫ってからは列の途中に入れない。毎回のことだが最後尾からスタートをする。
画像

最近、ショートでは回数を走っているが、岩登りのほうが忙しくてロングであまり流していないので、タイムはあまり芳しくなかった。でも充実した楽しいランができました。帰りがけ珍しい花の咲いた木を見かけたので載せてみました。
画像
楽しいレースでした。関係者の皆さんありがとう、来年も楽しみにしています。
画像

帰りは、いつものスタンドバーで鴨の燻製にブラウンマイスター、仕上げはシャルドネとラムと玉葱炒めで満腹です。
画像
画像
画像

帰りがけ、一階ホールでバッハを演奏していたので聞き惚れてしまいました。パイプオルガンの音色がとても素晴らしかった。酔っていたので、手振れピンボケです。
画像

充実したラッキーな一日でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック