登山靴オーダーしました。

先月注文した登山靴が仕上がったので登山靴職人の店、巣鴨のgoroまで取りに行って来ました。
前回三十数年前、先代の手縫いで作ってもらった冬靴が現役で何とか頑張っているが、厳冬期のアルプスには少々頼りなく、三年後のモンブラン登頂装備もあって、今回オーダーしました。
登山装備においては技術と経験、体力の不足を補おうとすれば限りなく精度の高い装備に頼らざる得ないが、費用も馬鹿にならない。私は技術と持ち前の体力等でカバーして装備はそこそこの物を揃えているが、直接生命に掛かる靴と肌着と登攀具には金を掛けている
画像

現在、山の店で売られている登山靴は、ほとんどが輸入品で、見るからに頑丈そうで頼りになりそうだがソールはすべて糊付けで5年も使用すると外観は問題なくてもソールがいきなり剥がれてしまう。山中で、そんな事態にあったらまさに生命にかかわる、私も一度経験したことがある。幸いハイキング程度の山行だったので何とかなったが・・・
まったく、ひどい物を売っているものだ。特にMade in USA は最低だ,現在使用しているAKUのアプローチシューズも1年に満たないのに剥がれかけている。
それに比べてGOROの靴は手入れさえしておけば、張替えは必要だが何十年も使うことが出来る。まさに頼りになる代物である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック