走って登ってrun run ru run

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アルプス槍ヶ岳北鎌尾根登攀

<<   作成日時 : 2015/10/16 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年9月のsilver weekを使って昨年から計画していた北アルプス槍ヶ岳北鎌尾根を突破してきました。二つの山の会から成る女4人男2人の混成パーティーで皆さん気心知れた仲間です。
登山者で混雑する中房温泉を早朝に出発、今夜の宿泊先(大天井ヒュッテ)の個室をgetするため足の遅い四人を置いて二人でヒュッテに向かう。
後続はのんきな者で必死に歩いている我々を他所に合戦小屋で西瓜を味わっていたようだ。
画像
燕山荘からはるか遠方に槍の穂先が窺える、右に降りている尾根が北鎌尾根だ。
画像
後方は燕岳
画像
お部屋も無事Get出来たので夕食前に大天井ヒュッテ展望台に登り景色を楽しむ。
画像
翌日夜明け前に出発、薄暗い貧乏沢を下降する。
画像
天上沢との合流点で朝食を終えて北鎌沢出合まで遡り30分位登った所で右股に入る。コル手前の大岩は念のためザイルを出して抜ける。コルは平坦で4〜5人用が3張張れる位。写真は右股を俯瞰したところ。
画像


画像
独標手前最初の難関、千丈沢寄りに乗り出して岩を越える、足元はザレで不安定、お助けロープが張られているが信用できないので微妙なバランスで乗り越える。
画像
独標はチムニー手前で登れば裏側に出られるが急斜面で高度感があるので我々はチムニーを越えてトラバースを選んだ。チムニーには残置があったが一本は抜け落ちてもう一本も信用できないので使用しなかった。
画像
チムニー突破
画像
トラバース後次のピークへの登り、岩は不安定で一抱えもある大岩がグラつき簡単に落ちてくる。
画像
千丈沢側に微かに確認できるトラバースルートらしきものはザレで不安定、出来たら高度感は凄いが稜線上の方が良いそうだ。
画像
独標を通過後も小さなピークが多数ありザイルワーク等で時間を食い、今日中にピークは無理と考え北鎌平と思われる所でビバークに入る。
画像
翌日夜明けとともに行動開始、頂上直下のチムニーは右から回り込む簡単なルートもあったがビレイで直登した。
画像
画像
画像
北鎌尾根終了。お疲れさまでした
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北アルプス槍ヶ岳北鎌尾根登攀 走って登ってrun run ru run/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる