走って登ってrun run ru run

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプス荒川三山

<<   作成日時 : 2013/09/15 09:37   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

南アルプスはアプローチが長いので限られた山域しか入った事がありませんでしたが、今回、赤石岳から荒川三山を縦走するルートを楽しんできました。
ルートは東京から夜行バスでJR伊那大島駅で下車タクシーで湯折登山口まで入り小渋川を遡行、広河原小屋を経て荒川小屋で幕営、翌朝赤石岳をピストン、新川岳から千枚岳を経て千枚小屋で幕営。
3日目は二軒小屋で幕営、最終日は転付峠から田代入口に下山するクラッシッくルートです。

小渋川は渡渉が十数箇所あり深い所は胸くらいまであるとの事で装備は完全防水で足回りも完璧で挑みました。
幸い水量も少なく思ったほど苦労なく遡行出来ましたが、流れが速く腿まで浸かるとかなり緊張しました。
タクシーで車止めまで入り、遡行を開始
画像
足回りを整え遡行開始
画像
流れが速く浅瀬でも油断は出来ません。
画像
沢から離れて広河原小屋に向かうルート。
こう見えても結構な傾斜で夜行バスに揺られて寝不足の体には辛い登りでした。
画像
広河原小屋を通過、更にきつい登りは続く。
画像
画像
屈強なメンバーもとうとうオーバーヒート。
暫しの休息で回復に努める。
画像
大聖寺平から荒川小屋へむかうトラバース道、100メートルほどの雪渓をトラバースして30分ほどで荒川小屋に到着。
翌日、赤石岳をピストンして千枚岳を経て荒川岳に向かう。
荒川小屋へ向かうトラバース道
画像
翌日ピストンした赤石岳
画像
千枚岳へはこんな稜線を行きました。
画像
千枚岳頂上手前100メートル
画像
この日は千枚小屋で幕営、ここからの富士山は耳付の富士でした。
画像
翌日は二軒小屋の広々としたオアシスで幕営、暫しの休息を楽しみました。
山中に、こんなオアシスがあるとは信じられませんが本当です、ただし狐の襲来に用心してください。
我々も被害を受けました。
画像
翌日は転付峠から下山しましたが、昨年、一昨年の台風で登山道が崩壊、急斜面のトラバースの連続で気が抜けず撮影の余裕がありませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプス荒川三山 走って登ってrun run ru run/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる